ふるさと・北杜市が誇る地質学的に特筆される自然環境の価値を知り、これを守り、活用してのまちづくりが、北杜市民の心豊かな暮らしを生み出す源と"大柴くにひこ”は考えています。

 そのうえで、若者や次世代を担う子どもたちが夢を描ける“故郷づくり”やご高齢の皆様に日々安心して暮らしていただける“まちづくり”が私の願いです。そのことを実現するには、何よりも教育が大事です。子どもの個性を伸ばすとともに、大都市圏に劣らない次世代高速通信網の整備を進め「北杜市の教育モデル」を創ります。

 また、医療においては、市立病院の医療体制を患者のニーズに応えられるようにするとともに自宅のテレビ画面で受信できるリモート環境の整備を進め、Withコロナ(コロナ等の感染症とともに生きる)時代に備えます。

 山梨県を取り巻く環境は、交通体系の整備やコロナ後の人々の意識の変化により、新たな人と物の流れが始まります。北杜市の観光・農業などの産業を広くアピールできる大きなチャンスです。

国・県との連携で、新たな「北杜市モデル」を創ります。

 私は、市民一人ひとりの心の豊かさと暮らしの豊かさを守り、さらに醸成するため、経験のすべてをささげ、全力で取り組んでまいります。

①政治的中立を保ち市民目線での市政運営を行います。

②市政の透明性を確保するため情報公開を徹底します。

③市民の意見を政策に反映する協議会の場を設置します。

 

①豊かな山林は、自然環境や景観保全はもとより、防災の面からも重要な財産であるため、県と連携し県有林等の保護策を推進します。

②市内の自然環境や景観等を守るため「北杜市太陽光発電設備設置と自然環境の調和に関する条例」を見直(規制)します。

③学校教育に北杜の自然を学ぶ時間を設け「北杜地域教育」を進めます。

 

①塩川病院、甲陽病院の医療体制を患者のニーズに応えられる地域医療の中核病院として充実させます。

②新型コロナウイルス等の感染症に対応するため、現在の医療スタッフの努力に加え、山梨県が準備中の「(仮称)山梨県疾病対策管理センター」との連携を図ります。

 

①中学生までの医療費無料化の継続はもちろん、コロナ禍で臨時に無償化した給食費の通年無償化等、子育て支援を充実します。

②子どもたちの個性を尊重し伸ばす教育の推進と、次世代高速通信網を活用した遠隔補助授業など教育環境を整備し「北杜市の教育モデル」を創ります。

③子どもの不登校問題やいじめ問題に丁寧に向き合い子どもの学びや育ちを支援し見守ります。

①テレワークの環境整備やUターン、二地域居住の推奨で、高齢者が子どもや孫と暮らせる3世代同居を推進し、孤独なお年寄りをつくらない施策を進めます。

②「生涯現役」を合言葉に、社会教育の充実と公共交通の整備により、高齢者が生き生きと活躍できる場を創ります。

 

①女性やお母さんが生き生きと働ける職場の環境づくりに努めていただくために、市内企業への助成と支援を行います。

②もっと心豊かに余暇を過ごしていただくために「北杜市・女性快適環境指数」を創設し"輝き羽ばたく女性”を応援します。

 

①付加価値の高い果樹の導入により専業農家の育成と観光産業との連携を図ります。

②現在の観光事業を担っている北杜市観光協会、八ヶ岳ツーリズムマネジメント等と連携し観光と農業の結びつきで新たな視点も加えて観光行政の活性化を図ります。

③大都市圏の企業や官公庁の電子データを災害から守る「データセンター」を誘致するため、山梨県が目指す"防災首都”構想と連携し、災害に強い「北杜市版・国土強靭化」を推進します。

①地域防災計画の市民への周知徹底と日常での災害時の自助・共助を考える市民の活動を支援します。

②市内危険個所の日常の監視活動や災害時対応を市民とともに情報共有する「自主防災組織会議」を市役所内に設置します。

 

危機発生時の議会議長として退任後も 新型コロナウイルスとの対決に全力を奉げています

 温暖な日々で経過した令和2年初春でしたが、例年になく早い桜の開花予報を前に突然、対応を迫られたのが、現在パンデミックの真っ只中にある新型コロナウイルスでした。発生当初、2月定例議会で議長の職にあった私は、新年度予算の審議と共にいち早く議会内に「新型コロナウイルス感染症対策連絡会議」を設置し対応をスタートさせました。

 “コロナ禍”は、依然進行中で4月には本県も感染拡大に伴う緊急事態宣言の対象地域となり、大正期に発生し県内でも4千人もの死者を出したスペイン風邪以来の100年に1度とも称される県民生活の危機の回避に取り組んでいます。

 県議3期目初頭の令和元年5月・県議会議長の要職を託された私は、本年3月をもって後進に職責を引き継ぎましたが、終息の予測さえ定かでない事態の深刻化に、発生当初の議会運営責任者として長崎県政とともに災禍の沈静に向けて、県民の皆様の健康を願うとともに互いに手を携えて危機を乗り越えていく覚悟であります。

昭和33年(1958)

平成23年(2011)

 平成27年(2015)

平成27年(2015)

平成28年(2016)

平成29年(2017)

 

平成30年(2018)

平成31年(2019)

平成31年(2019)

…北杜市明野町(旧明野村)に生まれる

…4月山梨県議会議員選挙初当選

…4月 山梨県議会議員選挙2期目当選

…山梨県監査委員に選任

…農政産業観光委員会委員長に就任

…山梨県議会議員選挙における広報に関する

 条例案作成委員会委員長

…土木森林環境委員会委員長

…4月 山梨県議会議員選挙3期目当選

…5月 第128代 山梨県議会議長就任

…5月 全国議長会副会長就任

県政に携わり、3期目を迎えております。この間、皆様方から貴重なご意見、ご提言を頂き、感謝申し上げます。それを県政に反映し、県民の暮らしや教育、福祉等々の向上に誠心誠意、責務を果たして参ります。政情不安、経済状況の不透明な昨今ではありますが、活動の足を止めることなく、皆様の期待の大きさに報いる行動力で邁進して参ります。

県議会は、県土の諸問題に対して、知恵を出し合い、その解決策を導き出すための議論の場です。長崎県政が推し進める各種政策に対し、私は「是は是、非は非」の精神で議会の場で、県民の視点に立った議論をし、真剣に取り組んで参ります。

県民の安心・安全を守る県政の推進が、これ程求められている時はありません。それには、東日本大震災や異常気象による大雨・大型台風などの教訓を生かし、予想される地震災害や水害への速やかな対応、そして時を失することのない事前措置の施策が欠かせません。県政を通して山積する諸課題とともに、その遂行に努める議会人として、これからも重責を果たして参る覚悟です。

トップ

問い合わせ